JG-Youth Connect 2018 in Kagawa -ドイツと繋がる2日間

昨年まで十年に渡り、全国日独協会連合会が主催してきた「若手会員の集い」を、JG-Youth が引き継ぐことになりました。「若手会員の集い」は「JG-Youth Connect」と名称をリニューアルし、また内容も大幅にパワーアップして、今年は香川県で開催します!

イベント名 JG-Youth Connect in Kagawa ~ドイツとつながる二日間~
開催日 2018年7月14日(土)・15日(日)
開催場所 香川県高松市内各所(プログラムによって場所が異なります)
参加対象者 各プログラムで異なるため、詳細は各プログラム欄をご参照ください。

(一般の方がご参加いただけるプログラムもあります。ぜひお気軽にお申込みください。)
主催 日独ユースネットワーク、香川日独協会 若者の会
後援 大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館(予定)、日独協会連合会
協力 香川日独協会、公益財団法人香川県国際交流協会(予定)

下記のプログラムの中から、いずれか1つだけの参加でもOKです♪

1. 総会: JG-Youth Meeting

各地の若手会員の皆さまと交流しながら、今後の日独交流などについて意見交換をします。

日時 7/14(土) 13:00~15:00 / 開場 12:30
開催場所 アイパル香川(香川国際交流会館)
参加いただける方 JG-Youth会員&各地日独協会の若手会員
参加費 なし

2. トークセッション:発見!四国から開花したドイツとの繋がり(仮)

伸井太一さん・ドイツ製品・文化史のライター、富田秀樹さん・ドイツ食肉マイスター

日時 7/14(土) 16:00~18:00 / 開場 15:30
開催場所 アイパル香川(香川国際交流会館)
参加いただける方 どなたでもご参加いただけます♪
参加費 JG-Youth会員・学生:1,000円/その他:1,500円

講演テーマ & スピーカープロフィール


伸井 太一(ドイツ製品・文化史のライター)
講演テーマ: 姉妹都市ハンブルクへの「ジャーマニアック」な旅 ―モノを通じたハンブルク文化史

ハンバーガーの謎を探るために、ハンブルクに「通う」こと十数回。日独協会夏期講座(2017)の担当講師。著書に、東独・西独製品を紹介した『ニセドイツ』シリーズなど。実は、某東京の女子大で教えるドイツ現代史の研究者(秘密ではない)。本名では、『日本人が知りたいドイツ人の当たり前』(鎌田タベア氏との共著、三修社)、『教養のドイツ現代史』(田野大輔氏との共編著、ミネルヴァ書房)も。

3. 懇親会: German Summer Night☆

レストランで飲食をしながら交流を深めます。皆で楽しめるアクティビティも用意します。

日時 7/14(土) 19:00~21:00 / 開場:18:30
開催場所 高松市内(調整中)
参加いただける方 45歳以下の方ならどなたでもご参加いただけます♪
参加費 JG-Youth会員:3,000円 その他:3,500円
(※立食ビュッフェとなります。)

4. 観光: 香川エクスカーション

栗林公園 他

集合時間 7/15(日) 10:00 ※お昼頃に解散
集合場所 --
参加いただける方 45歳以下の方ならどなたでもご参加いただけます♪
参加費 無料 (入場料は自己負担頂きます)
参加申込
下記オンラインフォームより参加申込をお願いいたします。
参加申込締切:2018年*****月*****日(*****)

TOP