日独デジタルユースサミット2022

メインテーマ 「遠隔からつなぐ私たちの未来-日独で創る持続可能な〇〇-」

今回の日独デジタルユースサミットテーマは「遠隔からつなぐ私たちの未来ー日独で創る持続可能な○○ー」です。

持続可能でよりよい世界を目指す国際目標であるSDGsをベースとし、私たちだからこそできる、未来へ向けた行動を考えます。

 

プログラム期間中は、3つの少人数のグループに分かれ、企業、団体等への訪問やディスカッションを行います。グループワークを通して未来に向けた目標(持続可能な○○)を設定し、それに向けて何ができるか考えましょう。

 

さらに、今回の日独デジタルユースサミットはそれだけでは終わりません!

プログラムで考えたアイディアを、集まった仲間とともに行動に移します。

1年後に再会し、プログラム終了後からどのように行動し、どのような変化につながったのか、振り返りを行います。

 

より良い未来に向けて、日本とドイツの仲間たちと行動を起こしてみませんか?

groupwork

グループワーク

日独デジタルユースネットサミット2022は以下の3つのグループに分かれて企業・団体への訪問やディスカッションを行います。

スケジュール(仮)

以下のスケジュールは現時点での仮のものとなります。

全体プログラムやオプションプログラムなどは変更の可能性があります。ご了承ください。

参加条件・費用

  • プログラム開催時の年齢が18歳から30歳であること
  • 初級以上のドイツ語力があること
  • プログラム前オリエンテーション(2022年7月2日(土)、オンライン開催)、フィードバックミーティング(10月1日(土)、オンライン開催)への参加※1
  • プログラムに全日参加できること(8月20日(土)から9月11日(日)までの土日および8月26日(金)の計9日間)
  • プログラム内で実行を見据えたプランを策定し、プログラム後にプラン実行、2023年の「振り返りイベント」に参加できること(実行の方法は、各グループによって異なりますが、基本的には遠隔でも実施できる方法を考えます)
  • 応募時に登録するメールアドレスが2024年3月末まで連絡可能であること
  • 日本側参加者のプログラム参加費は5000円※2
  • 「個人情報の取り扱い」および「免責事項」の内容を承諾すること(応募の時点で、ご承諾頂いたものとみなします)
  • プログラムで利用する視聴端末をネットワーク環境を準備できること

(募集開始時までに変更を行う可能性があります。予めご了承ください。)

※1 オリエンテーション、フィードバックミーティングに関し、やむを得ない事情は考慮いたします。現時点で参加不可能な日がある場合、応募フォーム上で参加不可能な日・理由を詳細に記入してください。

※2 日独ユースネットワークはボランティアのスタッフにより運営されている任意団体となっております。今回の参加費に関しまして、本イベントの運営経費のみに使用いたします。

応募方法 (応募受付期間:2022年4月22日から5月13日まで)

1.上記参加条件、個人情報の取り扱い・免責事項を確認する。

2.顔写真をメール(送信先:halloprogramm_info@jg-youth.net)で送る。

 ※タイトル:日独デジタルユースサミット2022 Foto – “名前”

3.下のボタンからGoogleFormにて応募フォームを入力し、提出する。

 ※GoogleFormのページが別タブにて表示されます。

応募フォームはコチラ↓

応募フォームの内容をご確認する場合はコチラ

Q&A

ご質問やご不明点がありましたらよくある質問(Q&A)のページをご参照ください。

また、メールでのご相談やお問い合わせも受け付けております。その際は、日独ユースネットワーク(halloprogramm_info@jg-youth.net)までお問い合わせ下さい。(ボランティアスタッフにより運営を行っていますので、回答までに数日かかる可能性があります。ご了承ください。)

TOP